神戸看護学会会則

第一章  総則

第1条 本会は神戸看護学会(Kobe Academy of Nursing Science)と称す。

第2条 本会の事務局を、神戸市看護大学内(〒651-2103 神戸市西区学園西町3-4)に置く。

第3条 本会は、看護学の発展と会員相互の学術的研鑽をはかり、もって地域の人々の健康と福祉に貢献することを目的とする。

第4条 本会は、第3条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 学術集会の開催
(2) 総会の開催
(3) 学会誌の発行
(4) その他本会の目的達成に必要な事業

第二章  会員

第5条 本会の会員は、本会の目的に賛同し看護を実践・研究する者ならびに看護に関心のある者で、理事会の承認を得た者をいう。

第6条 本会には、以下の会員を置く。
(1) 正会員 本会の目的に賛同する個人で、理事会の承認を得た者。
(2) 準会員 本会の目的に賛同する学生(ただし、大学院生は除く)。
(3) 当日会員 正会員、準会員以外の者で、正会員、準会員の共同研究者として学術集会での演題発表を行う者。

第7条 本会に入会を理事会で承認された者は、所定の年会費あるいは会費を納入しなければならない。

第 8条 会員が任意退会するには、理事会に退会届を提出しなければならない。

第 9条 会員が次のいずれかに該当する場合には、会員資格を喪失する。
(1)会費が2年以上納入されなかったとき。
(2)当該会員が死亡したとき。

第10条 会員が次のいずれかに該当する場合には、理事会の議決によって除名することができる。
(1)本会の会則に違反する行為があったとき。
(2)本会の事業を妨害、又は本会の名誉を損なう行為があったと認められたとき。
(3)その他除名すべき正当な事由があるとき。

第11条 一度任意退会および会員資格を喪失した者が再度入会を希望する場合は、理事会の承認を得た上で、これを認める。ただし、第9条1項(1)により会員資格を喪失した場合には、会員資格喪失年度を遡った未納分会費を全額納付した後でなければ再入会を認めない。

第三章  役員・評議会および学術集会会長

第12条 本会に次の役員をおく。
(1) 理事長 1名
(2) 副理事長 1名
(3) 理事  9名以内(理事長、副理事長、2名以内の指名理事を含む)
(4) 監事 2名

第13条 役員の任期は、3年とし再任を妨げない。但し、引き続き6年を超えて在任することはできない。

第14条 役員は次の職務を行う。
(1) 理事会は、本会を代表し、会務を統括する。
(2) 副理事長は、理事会を補佐し、理事長に事故があるときはこれを代行する。
(3) 理事は、理事会を組織し、会務を執行する。
(4) 監事は、本会の事業および会計を監査する。
(5) 指名理事は、理事長に委任された業務を担当する。

第15条 役員の選出は、次のとおりとする。
(1) 理事長は、理事の互選により選出し、評議会の議を経て総会の承認を得る。
(2) 副理事長は、理事の中から理事長が指名し、評議会の議を経て総会の承認を得る。
(3) 理事および監事は、評議会で評議員の中から選出し総会の承認を得る。
(4) 理事長は、指名理事を指名する。

第16条 本会に、評議員を置く。評議員の定数及び選出方法は、別に定める。

第17条 評議員の任期は、3年とし再任を妨げない。但し、引き続き6年を超えて在任することはできない。

第18条 評議員は、評議会を組織し、この会則に定める事項のほかに理事長の諮問に応じ本会の運営に関する重要事項を審議する。

第19条 本会に、学術集会会長を置く。

第20条 学術集会会長は、評議会で会員の中から選出し、総会の承認を得る。

第21条 学術集会会長は、学術集会を主宰する。

第四章  会議

第22条 本会に、次の会議を置く。
(1) 理事会
(2) 評議会
(3) 総会

第23条 理事会は、理事長が招集し、その議長となる。
2 理事会は、毎年1回以上開催する。但し、理事の3分の1以上から請求があったときは、理事長は、臨時に理事会を開催しなければならない。
3 理事会は、理事の過半数の出席をもって成立とする。

第24条 評議会は、理事長が招集しその議長となる。
2 評議会は、毎年1回開催する。但し、評議員の3分の1以上から請求があったときおよび理事会が必要と認めたとき、理事会は、臨時に評議会を開催しなければならない。
3 評議会は、評議員の過半数の出席をもって成立とする。

第25条 総会は、理事長が召集し、学術集会会長が議長となる。
2 総会は、毎年1回開催する。但し、会員の5分の1以上から請求があったときおよび理事会が必要と認めたとき、理事長は、臨時に総会を開催しなければならない。
3 総会は、会員の10分の1以上の出席または委任状をもって成立とする。

第26条 総会は、この会則に定める事項のほか次の事項を議決する。
(1) 事業計画および収支予算
(2) 事業報告および収支決算
(3) その他理事会が必要と決めた事項

第27条 総会における議事は、出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

第五章  学術集会

第28条 学術集会は、毎年1回開催する。

第29条 学術集会会長は、学術集会の運営および演題の選定について審議するため、学術集会企画委員を委嘱し、委員会を組織する。

第六章  会誌等

第30条 本会は、会誌等の発行を行うため編集委員会を置く。

第七章  会計

第31条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日で終わる。

第八章  会則の変更

第32条 本会の会則を変更する場合は、理事会および評議会の議を経て総会の承認を必要とする。
2 前項の承認は、第24条の規定にかかわらず出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

第九章  雑則

第33条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、別に定める。

附則

この会則は2016年4月1日から施行する。
この会則は2017年10月28日から施行する。
この会則は2018年10月27日から施行する。
この会則は2020年10月24日から施行する。